実用的なビジネスバッグをくれた妻に感謝

スポンサーリンク

今年で43歳になった事務系の職務につくサラリーマンです。結婚して11年たち、いつの間にかお互いの誕生日も意識しなくなっていました。結婚前は、毎年それなりに気合をいれて、おしゃれなレストランを予約し、誕生日プレゼントには、それなりにお金をつぎ込んだプレゼントを用意していました。

結婚後も、子供が生まれるまでは、おしゃれな感じではないですが、お互いに好きな食べ物を考えて、誕生日には食事に、ちょっとしたプレゼントを用意していました。ただし、子供が生まれたのをきっかけに、やはり子供中心になり、いつの間にか、お互いの誕生日を祝うようなことがなくなっていました。ただ、ケーキだけは子供が喜ぶので買うことが、ここ数年続いていました。

そんな、世間一般でありきりたりな夫婦ですが、今年は珍しく妻が私にプレゼントをくれました。もらったのは、会社に持っていくビジネスバッグです。これまで使用していたのは、もう10年近く使用していたので、かなりボロボロだったので、正直なところかなり嬉しかったです。

 

ただ、ふと思ったのですが、これまで使用していたバッグも10年近くも使用していました。なんでそんなに使用したのだろう?それは、今考えると妻からもらったものでした。結婚前にもらったバッグでしたが、もの自体もきっとかなりよかったのだと思います。

私自身があまりブランド等にこだわることがないので、妻からもらったものだと当初はそれなりに大切に使っていましたが、今ではそれすら忘れていました。ただし、バックグラウンド自体は10年近くも使用したのに、使おうと思えば今でも使えます。今回もらったバッグも私自身はよく分かりませんが、妻がきっといいものを選んでくれたのだと思います。

そこで、また気がつきました。ネクタイは誰からもらったのか、財布は誰からもらったのか、名刺入れは誰からもらったのか、ほとんどすべてが妻から結婚前、また結婚後子供が生まれる前にもらったものでした。もらったのは当初はあまり考えませんでしたが、かなり長い間も変わらず使用しているので、きっといいものをくれたのだと思います。

私はというと、妻が欲しいと言ったものをプレゼントはしていましたが、特段、自分自身では何も考えていませんでした。しかし妻は、私は何も言わなかったので、きっと私のことを考えて毎回プレゼントをくれていたのだと思います。

結婚して10年以上経ちますが、今年もらったプールであるバッグで、妻の私に対するこれまでの愛情を感じました。バッグもきっといいものだと思います。これまでと同様、いやそれ以上に長く使用できるように大切に使おうと思います。

そして、ここ数年、私は妻にプレゼント自体をわたしていませんでした。子供わかわいくて妻を忘れていました。ただし、妻がいなければ子供もいなかったのです。次の妻の誕生日には、これまでの感謝の気持ちを込めて、妻が望むことを考えてプレゼントしたいと思います。