親だからこそ誕生日にしてくれたパソコンという大きな買い物

誕生日プレゼントには色々なタイプがあると思います。もちろんあげる相手ともらう相手の関係によって値段や内容も違ってきます。20代の私は女友達にはそこまで高価なプレゼントをもらうことはありません。高くても数千円ぐらいで、一万円超えることはまずありません。それぐらいがお互いに気を遣わずに済むのです。恋人同士ならもう少し高価なものをあげたりするかもしれませんね。

わりと大人になっても両親からの誕生日プレゼントはかなり楽しみだったりします。私の場合は毎年決まってもらえるわけではないのですが、5年近く前の20歳の誕生日に父親からもらった誕生日プレゼントは、これを書きあげている正に今この瞬間活躍してくれている、毎日使っているものです。それはパソコンです。さすがに親などの身内の関係でないとこういった高価なものをくれる人はなかなかいません。実用的で尚且つ毎日使う、正真正銘「必要不可欠」な大事なものです。今の時代でパソコンがないと学生は勉強、社会人は仕事に苦労する人が多いと思います。中にはスマホしか持たずパソコンを持っていない人もいるようですが、私はやはりパソコンは常に一台ないと話になりません。

父がくれたのはSONYから出ているピンク色のVAIOのノートパソコンです。モデルはVPCSB2AJです。20歳の私はまだ少し女子高生っぽい気分のままなところもあり、ピンクが大好きでした。ピンクのパソコンと白いキーボードの組み合わせもとても女の子っぽく、今でもパソコンを開けるたび楽しい気分になります。

ちょうどそれ以前まで使っていたパソコンも寿命が来ていて遅くなっていたのです。実のことを言うと、子どもの頃からパソコンは基本的にパソコンに詳しい父が買ってくれていました。24歳である今は自分で稼いだお金でパソコンを買うこともできますが、やはり父も一緒に選んでくれる方が何かと安心です。

誕生日プレゼントとはサプライズで渡す人も多いかもしれませんが、さすがに毎日使う高価なものとなると、あらかじめ一緒に選びます。パソコンのことも、誕生日の一ヶ月以上前から色々話し合っていました。なのでそれが自分の誕生日プレゼントになることもあらかじめ分かっていました。それでも良かったのです。父の判断のみでパソコンを買い、それを私が万一気に入らなかったらそちらの方が面倒です。

色々とネットでパソコンのことを調べて、どういった機能やドライブが付いてくるか、メモリーなどもどれぐらいあって色やサイズ、キーボードの位置など、細かいところも父と一緒に確認して、それを父がネットで注文してくれたのです。かなり現実的で実用的な手段だと思います。

やはり電気製品は慎重に選ぶべきですね。私は嫌でもパソコンは毎日使うものなので、誕生日プレゼントとしてもらえたのは助かりました。ここまで長期的に実用的なプレゼントはないと思います。

サプライズ感はなくても確実に使うもの、最も父らしい誕生日プレゼントだと今でも思っています。

関連記事

誕生日プレゼントに合鍵ゲット!おちゃめなキーホルダーも

結婚しろ!のプレッシャーにキレそうな時「気持ちが嬉しい」誕プレで感激

子供からの誕生日プレゼントはなんでもうれしい!

欲しかったタブレット「ジブン専用PC&タブレット」

プランドを超える最上級のプレゼントは丁寧な自筆の手紙

誕生日プレがセラフィットフライパン!で…、料理が楽しくなった話