中年への洋服のプレゼントは、よく考えた方が良い。ホントに。


私も40代になり、見た目よりもお肉がついているにも関わらず、年下の友達(30代半ば)が43歳の誕生日にくれた物は洋服です。それも白を基調としたウエストシェイプのブラウスです。

毎年、誕生日だけはプレゼントをお互いしてお祝いしています。でも、出産してから女の人って体型が代わる、けれどそれ以上に40代になるとグッと脂肪が増えるせいか、体型がスッカリおばちゃん体型になる。

もう本当、ビックリするほど中年という言葉がシックリしてきます。タレントさんの様にエステにでも行ってお金でも掛けられれば別でしょうけれど、そんなお金かけられる庶民はなかなかいませんよね。別の物にお金を掛けたい…と切実に主婦なら思うはずです。

私が見た目それほど太って見えないのは、少しでも細く見える様に、ボディスーツを着てみたり、黒い色で引き締め効果を狙っているからです。そう膨張して見える白なんて、あまり着ていない…挿し色に使うくらいです。

このタヌキの様なポンポコお腹をボディスーツや、きつめのガードルで押さえて目立たない様にしているだけなんです。胸もそうです。若い頃は、ふくよかな胸に憧れていたけれど、今ではただ脂肪の塊です。

肩こりにもなるし、ひもは食い込むし、やはり見た目太って見える原因の一つにもなります。そして、服を着ていても脇肉が目立つ様になり、後ろ姿からも脂肪の塊が分かる様になります。だから今の私のブラは、幅の広い物を使用して、脇肉を押さえているんです。そんな密かな努力をしているんです。

そんな私に、白でウエストシェイプのブラウスですよ!私の家で、ニコニコしながらプレゼントをくれて、開けてみて!とせかしてきます。私もドキドキしながら開けましたが、洋服だったのでちょっと不安に…。

でも友達は、フリーサイズだし余裕で入ると思っているので、誇らしげに可愛い洋物を贈った!という感じで、私が良く穿く黒のパンツにも良く似合うと思うよ!などとアドバイスしてきます。

私のその時の頭の中は、入るかな?です。ウエストの所の生地がパンパンになりそうだし、胸のボタン閉まるかな…と、不安で仕方ありませんでした。でも、自分からデブである…と証明したくないのが女心です。

その場で着てみて!と言われたけれど、後でゆっくりコーディネートしながら着てみるね!楽しみな!どと言って誤魔化しました。そのあとは楽しいお茶会というより、もう上の空状態でした。そして、その友達が帰ってから、早速着たら入ったけれど、やはりきつめです。

腕を動かすにも生地が引っ張られる感じで窮屈という感じ。一度は友達の前で着ないと悪いしな…と思うと会うのがちょっと気が重い。私の持っているジャケットやカーディガンでは、腕は隠せても、胸などの前は誤魔化せないなぁ。

ボタンのピッチリ感が不安、一緒に食べていて、お腹のボタンパーン!と飛ぶようではマズイ。最終的に、このブラウスのために袖が長めのベストの様なチュニックを購入しました。友達の前で一回しか着ない服の金額と余計なチュニック代、損したなぁ。