大量の入浴剤を含むバスセット。大杉!こんなにどうしたらいいのよ!?


彼氏候補の男性からもらったプレゼントが…自分にとってはある意味、とっても残念なプレゼントでした。その彼氏候補の男性は7つ年下で。どうやら初めて会った時から、私のことを好きだったようです。

もともと年上が好きだった私としては、7つも年下はないわ(笑)なんて思っていたんですが…猛烈なプッシュにどうしてここまで私のことを好きになれるの?と。若干引きつつ、それとは真逆の感情ですごいなとも感動しつつ。一応、デート的なものを何度も繰り返していたんです。

とはいえ、あんまり頻繁に会って、相手に気を持たせ過ぎるのも悪いと思っていたので、たまに用事がある、と嘘をついて会わなかったり。どうしようかな…、と悩んでいる時にちょうど誕生日が近付いてきたんです。

試すわけではないんですが、彼がどんなものを私にくれるのだろう?、とすごく興味を感じてもいました。彼女、だったら身につけるものとか、そういうのだったりするのだろうけど…まだその状態ではない今、何をくれるのだろう?と。多分、くれるんなら今の時期だなという時にデートに誘われたので、やっぱりそうかと感じながら、会ってみることにしたんです。

するとやっぱり彼は、プレゼントをかかえてデートにあらわれました。そして帰る間際に私に手渡してくれたのです。中味は、ビックリするほど大量の入浴剤と背中を洗うためのブラシ、そして大きなバスタオルでした。

別に、セレクトはそんなに間違ってないんです。けれど、量より質だよなと…思わずにはいられませんでした。というか、いやらしい話なんですけど、後で調べたら出てきちゃったんです。ネット通販サイトでその商品が。それが、思っていたよりもすごく高額で…

こんなにお金をかけたものをくれるんだったら、もうちょっと安いものでいいから趣味のものをくれたらうれしかったのに、と思わずにはいられませんでした。だって、1万円5000円以上するんですから…。

ちなみに私、当時ひとり暮らしです。毎日そこまでいっぱいのお湯ははれません。お金もかかりますし。入浴剤はさすがに自分で全てを使い切ることができませんでした。(実家にあげました。)背中のブラシはどこかへやってしまいました。もともと背中をわざわざブラシで洗わないんですよ…。

誕生日プレゼントの正直な感想を言うならば、「勿体無い」。このひと言ですね。だって、クリスマスコフレとか2つくらい買えちゃうお値段なわけですよ。それを使わない(使い切れない)ものをもらうなんて…勿体無い以外のなにものでもありません。

で、ここまで書くと、付き合わなかったんでしょ?と思うかもしれませんね。感覚が違うわけですし、付き合わないだろう、と。でも驚いたことに、この後付き合い始めるんです。しかも結婚までしちゃうんです。自分に驚きですね。ま、プレゼントですべてが決まるわけではない、ってことで。こんなケースもあるんだよ、という話です。