10年来の友人からピアスが空いてない私にピアスのプレゼント


今から4年前の24才の誕生日のことです。私は、私を含めた4人の仲良しグループで高校時代から10年以上毎年プレゼントを交換しています。4人とも誕生日の季節がバラバラなので、社会人になったり家庭を持ったりしても必ず、年に4回は会って、お祝いしながら楽しくおしゃべりしています。

高校生の時は、田舎の高校だったこともあり、お金も自由に使えなかったので、毎年1000円くらいのプレゼントを渡していました。髪を縛るシュシュや文房具などがほとんどで学生らしいプレゼントでした。大学生になると、都会に出ることも多くなり、化粧品などを渡すことが多かったです。

私は、可愛いものが好きだったので、友人たちは、ピンクや花柄のものをプレゼントしてくれることが多く、もらったものは欲しかったものや私の趣味にぴったりのものばかりでした。社会人になり、だんだんプレゼントされるものも高価なものになってきました。

わたしも友人にブランドの雑貨や化粧品を渡すことが多くなりました。私は5月生れなので、24歳の誕生日は私の自宅のガーデンでパーティーをしようということになりました。作った食事を並べて乾杯をしようとしたとき、3人がおのおの隠していた場所からプレゼントを出してきました。

私の家の庭なのにいつ隠したんだろうと思い、全く気がつかなかったのでびっくりしました。食事を食べながらプレゼントを開けてみると、一人目はブランドの食器でした。私は料理が好きなので趣味にあった食器で本当に嬉しかったです。二人目は、私がいつも使っているブランドの化粧品の限定のアイシャドウでした。

同じブランドのアイシャドウで、似たような色を持っていたので正直どうしようと思いましたが、消耗品ではあるし、限定品の可愛いデザインだったので困ることはなかったです。最後に空けたのは、手のひらに乗るくらいの小さな箱でした。私の趣味とは全く異なるトロピカルなデザインのラッピングだったので、空ける前からあれ?と思いましたが、開けてみると予想以上に反応に困るものでした。

南国風のイヤリング。私は、パールやキラキラした小ぶりのものはつけますが、さすがにこれは付けられないなと思いながらも3人に感謝の気持ちを伝えました。話しを聞くと、このイヤリングはハワイで買ってきたとの事だったので、なるほどなと思いました。

3人が帰ってからもう一度プレゼントを見てみると、イヤリングだと思っていたものがピアスだったことが判明しました、友人は私がピアスが空いていないことを知っているはずだし、話の中でイヤリングと言っていたのでおそらく間違えて買ったのだと思います。

それから4年間、誰かにあげることも捨てることも出来ずに、机の引き出しの奥に眠っています。その後何回かその友人に会っていますが、南国風のピアスに関してはいっさい話題に出していません。もし、その話題になった時に正直に言うべきか、悩んでいます。もう少したった時に、笑い話に出来たらなと思っています。

関連記事

誕生日に友人から貰ったドラゴンボール全巻セットが微妙だった話

中年への洋服のプレゼントは、よく考えた方が良い。ホントに。

年齢を考えてない「ハムちゃん文房具」の誕生日プレゼント(>_<)

友人が自分に大洋技研の麻雀セットをプレゼントしてくれたが…

高校3年生の時、親友からノリで贈られた木彫りの熊の置物は微妙

上司からの励ましの手紙は、部下には荷が重いプレゼントでしかない