日本酒を誕生日プレゼントに。とくに男性におすすめのお酒 3選

  • 父親の誕生日が近いけれど、渡すものが中々決まらない。
  • 彼氏の誕生日が近いけれど、何をプレゼントしたらいいか全然わからない。

そんな男性への誕生日プレゼントを悩んでいる方にお勧めしたいのが『日本酒』です。日本酒は男性に送るものとしてはポピュラーなものであり、また奥が深い物でもあります。

プレゼントで喜ばれる日本酒 3選

 

プレゼントの場合は飲み比べセットも人気があります。

 

(獺祭 (だっさい) 大吟醸50 ・ 鍋島 純米吟醸) 720ml 飲み比べ2本入セット
(獺祭 (だっさい) 大吟醸50 ・ 鍋島 純米吟醸) 720ml 飲み比べ2本入セット
9,202 円 /Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

酒米“山田錦”を39%まで磨き上げた純米大吟醸酒『獺祭 磨き三割九分』を搾ったままで全く手を加えず瓶詰めした極上の無濾過生原酒。

 

名前を商品に入れてもらう「名入り」も特別感を演出できます。

どんな日本酒を選べばいいの?

特にお酒好きの男性ならば、思わず唸ってしまうような選び方があるんです。誕生日プレゼントとしての日本酒の選び方をご紹介します。

まず、ポピュラーな選び方として、送る相手の産まれた土地の銘柄を選ぶ、という方法があります。『誕生日』ですので、生まれた土地の地酒をプレゼント用に送るというのは、理にかなっているんです。

次に相手の出身地が米所で無かった場合、この場合は『誕生酒』を送るのも一つの手です。特に父親など、年上の方の誕生日に送る時に有効な方法で、送る相手の年齢や、生年に造られた『古酒』を送るという方法です。

最後に『名入れ』の日本酒を買うという手です。蔵元やショップでラベルをこちらが指定した文字や絵に変えてくれるというサービスを行っている場所があります。ですので、そちらを利用して自分だけのオリジナルラベルを作り、プレゼントするというのも良いでしょう。

日本酒と一緒にプレゼントすると喜ばれるものも

うえでは『日本酒』というカテゴリーの中でだけでプレゼントを選んできましたが、日本酒単品ではなく『付属品』で特別感を出すことも出来ます。

まずは、日本酒と一緒に徳利(とっくり)と御猪口(おちょこ)をプレゼントすること。徳利とは、首の細い酒を入れる容器のことで、御猪口は徳利から入れる酒を受ける為の小さな器のことです。蔵元によっては日本酒に徳利と御猪口が付いているセット等も販売されています。。

徳利と御猪口はガラス製など、見た目鮮やかなものは若い男性に、昔ながらの陶器製は年配の方に喜ばれるでしょう。また、日本酒通の方には、日本酒グラスと『枡(ます)』のセットも良いでしょう。

枡、と呼ばれる箱型の容器の中に日本酒グラスを入れ、冷やした日本酒をグラスに継いで溢れさせ、枡一杯までお酒を入れる『もっきり』という飲み方があるのです。通の人には、中々に粋なプレゼントになると思います。

これまで紹介した通り『日本酒』というだけあって、昔から様々な銘柄や飲み方が存在します。今回、紹介しきれなかったものも多くありますし、蔵元によっては誕生日贈答用の、独自のサービスを行っている所もあります。

誕生日に送るプレゼント専用の日本酒を造っている蔵元もありますので、探してみるのも良いでしょう。日頃、お世話になっている男性に、日本酒という『粋』な誕生日プレゼントを贈るのはいかがでしょうか?

お酒の豆知識:日本酒にもタイプがある

日本酒を送るのならば、まず日本酒について知っておくのが重要です。日本酒とは、焼酎やウォッカといった『蒸留酒』ではなく『醸造酒』と呼ばれるものです。

これらの違いは製造の際に、加熱などの処理をを加えたか、加えてないかであり、加えていないものを醸造酒と言います。加熱などでアルコール度数を上げている蒸留酒に比べて度数は低めですが、手を加えていない為、米の美味さそのものを味わうことができます。

日本酒は米所で作られていることが多く、米の銘柄で味がかなり変わってきます。また辛口と甘口、淡麗(たんれい)と濃醇(のうじゅん)という区切りがあります。これは後味が甘いか辛いか、スッキリしているか旨味があるか、という違いになります。

日本酒と誕生日についてのツイッターの反応